浮き出てきた妊娠線はクリームで消せる時代

女性

クリームでスキンケアする

妊婦

ホルモン分泌が変わる

妊娠中の女性はホルモン分泌が妊娠前と比べて大きく変化します。通常であれば女性ホルモンが分泌されてコラーゲンを生成させることになるのですが、妊娠しているときはコルチコステロイドホルモンが分泌されるようになります。このホルモンは肌のターンオーバーを抑制する作用を持っていて、たくさん分泌されると肌に弾力が少なくなっいきます。肌がこうした状態のときは妊娠線ができやすいです。そのため、しっかりとしたスキンケアを行う必要があります。具体的な方法は妊娠線専用のクリームを使うことです。妊娠線のためのクリームを選ぶときには、できるだけ天然成分だけで構成されているものが良いでしょう。妊娠中の肌は敏感肌に近い状態になっているので、添加物が入っているクリームは基本的に使用しないことです。胎児にも悪影響をもたらす可能性があります。また、上記の状態にあると保湿力が大幅に低下していますので、コラーゲンやセラミドなどの美容成分や保湿成分が配合されているクリームもおすすめです。さらに、なるべく量が多く入っているものを選びましょう。妊娠して月日が経つとお腹が大きくなります。当然ながら塗る面積が広くなるので、量も多く使用することになるからです。これらを目安にしてクリームを選ぶことをおすすめします。妊娠線ができないようにしっかりと予防することができます。もし妊娠線ができたとしても塗布し続ければ目立たなくなるようになります。