浮き出てきた妊娠線はクリームで消せる時代

女性

根本原因を解決しましょう

ウエスト

乾燥肌の人は特に注意

妊娠を経験した女性の悩みの1つは妊娠線です。妊娠線は妊娠によってお腹が大きくなったときに出来るものですが、1本できると何本も増えていく傾向があります。この妊娠線を予防したり改善したりするのに役立つのが妊娠線用のクリームです。しかしながら、解決手段のクリームよりもそもそも妊娠線が起きる原因について理解を深める必要があります。妊娠線の主な原因は女性ホルモンの乱れと体重の増加の2つです。体重が増えてお腹が膨らむと皮膚が引き延ばされるので、割れ目ができるのです。そうして線ができます。また、女性ホルモンが乱れると肌に弾力性を与えるコラーゲンの分泌量が少なくなることがあります。乾燥肌の人は特に注意をする必要があります。こうして妊娠線ができやすくなるというわけです。妊娠線を予防する方法は次の2つです。急激な体重増加を避けることとクリームによって保湿成分を与えることです。前者は食事管理をしっかりとすることで急激に太らないようにします。また、後者については、保湿成分であるコラーゲンが少なくなっている状態ですので、クリームをお腹全体に隈なく塗ることで保湿ケアをします。この2つをきちんとすることで妊娠線の予防になります。お腹が大きくなってきたら、お腹だけでなくお尻まわりや腕まわりにも塗るようにしましょう。それというのも、お腹以外にも線ができることはあるからです。臨月を過ぎたあたりから妊娠線ができることが多い傾向にありますので、油断することなくクリームを塗り続けましょう。