浮き出てきた妊娠線はクリームで消せる時代

妊婦さん

ターンオーバーを早める

妊娠、出産を経るとおなかに縦のしわができます。これが妊娠線で、自然に消えない場合があります。あまり見た目にもきれいとは言えません。事前に保湿をして対策をすることもありますし、ターンオーバーを早めるクリームを使うこともあります。

ウエスト

根本原因を解決しましょう

妊娠を経験した女性が悩む問題の1つが妊娠線です。体重が増えたり女性ホルモンの乱れが大きな原因です。乾燥肌の人は弾力性が失われやすいので特に注意が必要です。急激な体重増加を避けて妊娠線対策のクリームを塗布するようにしましょう。

気になる人は初期からケア

婦人

お尻や太ももも要注意

妊娠すると、一般的に5カ月ごろからお腹のふくらみが目立つようになってきますよね。お腹だけでなく、体全体がふっくらと丸みを帯びてきて、より妊婦さんらしい体型になってきます。このころから気になりはじめるのが「妊娠線」ではないでしょうか。妊娠線とは、妊娠による体型の変化により皮膚が大幅に伸び、その伸びに皮下組織が追いつかず亀裂が生じる状態のことをいいます。亀裂と言っても痛みなどがあるわけではないので、意外に妊娠中には気がつかないという人もいます。とくに、お腹はもちろん、サイズアップしやすいバストやヒップ、太もも周りも妊娠線のできやすい部分ですので、要チェックです。妊娠線の予防には、とにかく肌にうるおいを与え伸びやすくしておくことが大切です。妊娠線予防用のクリームやオイルを初期のうちから肌に塗り、肌を柔らかな状態にしておきましょう。クリームやオイルはいつ塗っても構わないのですが、お風呂上がりなどにマッサージするように優しく塗ると、リラックス効果もあるのでオススメです。アロマ系の香りのよいものなどを選べば、さらにリラックス効果が期待できるでしょう。また、急激な体重の増加も妊娠線ができやすくなる要因の一つですから、その点も注意しましょう。もちろん、妊娠線ができない人もいますが、気になる方はぜひ初期のうちからケアをスタートしてくださいね。乾燥しやすい人は特に注意です。ぜひ毎日のスキンケアの一部に取り入れてみてください。

妊婦

クリームでスキンケアする

妊娠するとホルモンの分泌量に変化が生じます。肌に弾力が少なくなっていきます。これが妊娠線の土壌を作ることになります。したがって、コラーゲンやセラミドなどの美容成分や保湿成分が配合されたクリームをお腹に塗ってスキンケアをしましょう。